name="description" content="お肌と体と心のリラックスカフェ"> 愛知県岡崎市エステ&セラピーBfine & ローフードマイスター岡崎のブログ 自分に合った保湿剤は?
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分に合った保湿剤は?

皆さん、こんにちは。ご訪問ありがとうございます。

愛知県岡崎市エステ&セラピーBfineと申します。

http://www.bfine.jp


雨が降って、段々と暑くなって

お肌の油分に悩む方もいらっしゃいます。



油分分泌が多いので保湿剤は塗らない!



そんな方も多いと思います。



モイスチャーライザー、乳液は、

全てのスキンタイプに必要です。



日中の保湿剤は、先ず『スキンタイプ』

(脂性肌、乾燥肌、混合肌)に着目し、



次に『スキンコンディション』を考慮して選びます。

(水分不足、ニキビ、早期老化、色素沈着、敏感など)



また、望んでいる保湿剤の質感を考慮します。



そして



ノンコメドジェニックで

人工香料や着色料を含まない物を選びましょう。



その『質感』




クリーム・ジェル・バーム

このような中から自分に合った物を選ぶには?




乾燥肌や老化肌

しっとりした軟化剤を多く含んだ物が好ましい。



脂性肌は、軟化剤が少量で軽い質感を選びます。



成分配合に様々な軟化剤は、600種類以上存在。



最も頻繁に用いられるのは

『アーモンド油』『アボガド油』

『サイクロメチコーン』『スクアラン』



☆ オイルフリーローション ☆



脂性肌、ニキビ肌には、全く油分を含まない

質感の軽い保湿剤があり、通常ウォーターベースです。



 無水ジェルやバーム ☆




敏感になった肌などに全く油分、水分を含まない保湿剤です。

有効成分をシリコンベースに浮遊させています。

ベルベットのようなで、皮膚に溶け込み保護膜を作ります。




☆ ジェル ☆




ジェルの懸濁液は、水と最大5%の精油か植物油ででき

増粘剤(ポリエチレングリコール、カーボマー、多糖)や

ゲル化剤(藻、セルロースキサンタンゴム)を加えて

製品を固くし流れにくいように密度を高めています。



目元用の製品や男性用シェービングバーム

ニキビ肌用の保湿剤に多く使われています。


また、この続きは、明日へ




読んで下さってありがとうございます。

岡崎市エステBfineをよろしくね。


http://www.bfine.jp
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。