name="description" content="お肌と体と心のリラックスカフェ"> 愛知県岡崎市エステ&セラピーBfine & ローフードマイスター岡崎のブログ 吸収剤と反射剤
FC2ブログ

吸収剤と反射剤

皆さん、こんにちは。ご訪問ありがとうございます。

愛知県岡崎市エステ&セラピーBfineと申します。

http://www.bfine.jp


いよいよ、日差し強し到来!



サンスクリーンを使用する際に最も重要な事は


必要とする日焼け止め効果を得られるように

十分な量を塗る事です。

使用量は、



顔にはティースプーン1杯

体全体では、28g(8分の1カップ)


ウォータープルーフの日焼け止めでない場合は

大量に汗をかいた後は付け直してください。



癌協会では2時間毎に塗りなおす事を提案しています。



ところで



日焼け止め効果を倍に

SPF15→SPF30にするためには

サンスクリーンの成分を濃縮する事になります。



その為に



肌を刺激する可能性が高くなり

肌が、成分の化学物質に対し、

敏感な反応を起こす可能性がでます。



サンスクリーンをSPF15以上をお望みの場合



敏感な肌の方は、『反射剤』
(例二酸化チタンや酸化亜鉛による製品)



肌の刺激や敏感さを経験した事がない方は

『吸収剤』でもよろしいです。



紫外線B波とかA波とかあるわけですが



日焼け止め成分は

電磁スペクトルの範囲の保護が違うのです。



オクチサレートは、280-320nm

パソール1789は、320-400nm




全波長が異なるので

吸収剤は、一つの成分から作ることが出来なく

これら成分をミックスして作るので

化学物質が入るという可能性が高いのです。



酸化亜鉛と二酸化チタンは

290-700nmと範囲が広く

それのみで作るので刺激が少ない反射剤なのです。



読んで下さってありがとうございます。

岡崎市エステBfineをよろしくね。

http://www.bfine.jp
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)