name="description" content="お肌と体と心のリラックスカフェ"> 愛知県岡崎市エステ&セラピーBfine & ローフードマイスター岡崎のブログ ロー涼風メニュー&ローフードの動機
FC2ブログ

ロー涼風メニュー&ローフードの動機

皆さん、こんにちは。ご訪問ありがとうございます。

愛知県岡崎市エステ&セラピーBfineです。

http://www.bfine.jp



ローフードの夏向きメニュー


加賀太胡瓜あんかけ風
涼しげを出して見たの。



石川県の名物の胡瓜です。

中をくり貫いて、黄色や赤のパプリカや

シソの葉でエリンギを巻いて詰めました。



くり貫いた中味と梅干しを叩き切りあんかけに。



皮が固いので所々剥きました。

火が通っているとお箸で切れるんだけど



そうはいかないので食べ安いように

ナイフで切るといいのかな。


さてさて



ローフードを『健康』になることを目的に

始められた方も見えます。



岡崎エステBfineも今の仕事に携わって来たのは、

やはり、健康な体を求めています。



ローフードの関係者とお話をした時、

岡崎エステBfineは、アトピーの息子を出します。



息子も中学時代は、背中のアトピーが膿んで

乾いたから治ったと思ったらまた、膿む

そんな生活で、学校へ行けないことが多かったのです。

そして、その背中は、引きつれ、起き上がると痛いので

尿瓶で尿を取っていた時期もありました。



生活作文でアトピーとの闘いで賞を頂きましたが

その題材しかなかったのです。

今は、米国にいて元気にしておりますが、

普通の生活が出来るとは、ありがたいことです。



さて


息子のアトピーの前に重大な動機があり

アトピーの原因の一つかも知れないです。



岡崎エステBfineの愛する人は、

約20年前にこの世を去りました。



当時の子供たちは、急変した事態に

駆けつけましたが間に合わず

既に息を引き取った後でした。



長男だけが、事態を悟ったのでしょう。

ぐっと、腕を目に当てて壁にもたれたことを

鮮明に覚えています。



長男は、それからアトピーが出ました。



岡崎エステBfineの夫は

自身の誕生日に初めて病院へ行き、

入院して2ヶ月で亡くなりました。



膵臓から来る肝臓癌でした。



目まぐるしく、岡崎エステBfineの周辺は

変化が起こっているのですが



『死』と言うのが受け入れられなくて

『どうして?』『何故』

問い掛けの日々でした。



でも



子育ても、工場経営も、日常生活も

している日々。



岡崎エステBfineは

夫の死もショックでしたが

起こる周りの事が輪を掛け、

心身、疲れ果てました。



このことは、誰にも解ってもらえないことです。

病気になったのは、自分の責任があることや

復帰できずにいることに罪の意識を感じ

ダメな人というレッテルを貼っていました。



グリーフケアを勉強して

『うつでは、ないけれどうつのような状態』

宮林教授の米国より50年遅れている

日本のグリーフケアである。

これが普通と聞き、やっと自分を肯定できました。



それらの経過があって

岡崎エステBfineは、『健康』でなくては、ならない。

徐々に仕事を変えていき、今になります。



読んで下さってありがとうございます。

岡崎エステBfineをよろしくね。
http://www.bfine.jpDVC00185_M.jpg
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)