name="description" content="お肌と体と心のリラックスカフェ"> 愛知県岡崎市エステ&セラピーBfine & ローフードマイスター岡崎のブログ 美は食が要!アメリカの最新科学情報を!
FC2ブログ

美は食が要!アメリカの最新科学情報を!

皆さん、ご訪問あがとうございます。

愛知県岡崎市エステ&セラピーBfine と申します。


自然健康・治療学博士の松田先生の

ナチュラルハイジーン基礎哲学講演会が来週となりました。




日時:10月14日(祝月)12:30開場

場所:名古屋ダイヤモンドホール




岡崎エステBfineへお問い合わせくださいませ。

一般4,500円の方も会員料金3,500円にて参加できます。





『食』が心身を構成する最も重要な事と実感をして

エステ&セラピーBfineは

食を正しく学べるように『ローフード岡崎校』を設立しました。



エステを学ぶうえでも

動物性食品がニキビを作りやすいなど勉強はします。



しかし



何故、原因となるのか?



食が肌を作るために大切といいながら



肉を油で焼き発生する有害物質

焼いた肉のタンパク質の利用はどうなのか?



これらのことが、正しく説明できなければなりません。



肉のタンパク質をたくさん摂取しても

利用される価値が無かったらどうなのでしょうか?



タンパク質は肉だけでなく野菜も充分に含まれています。


色々な健康情報、食情報が氾濫しています。

アメリカの最新栄養学情報を学びませんか?





松田麻美子(自然健康・治癒学博士/日本ナチュラル・ハイジーン普及協会・会長)より
メッセージをいただきましたので、ご案内いたします


《 特別メッセージ【講演会に寄せて】 》 
みなさん、こんにちは。今月は「乳ガン予防月間」といわれ、世界各地で「ピンクリボン」をシンボルとした
「乳ガン予防キャンペーン」が行なわれていますが、みなさんは乳ガン予防のために、
どんなことをしていらっしゃいますか? 

もしそれが「乳ガン検診を受けること」でしたら、

「今日医療機関で行なわれているマンモグラフィーなどによる乳ガン検診は

すでにできてしまっている乳ガンを発見するための手段にすぎない」

ということを知っておくべきです。
今回の講演会では、そのことについて、詳しくお話し致します。

ガン検診でガンが発見されるときには、すでにあなたの体の中にガンが形成されてから
少なくとも8~10年経過しているのです。

しかも、メディア情報に従って

若いうちから毎年マンモグラフィーを受けると、
放射線被ばくによるガンリスクも高めてしまいます。
ですから、「乳ガン検診は、確実な乳ガン予防手段」とは言えません。

さらに、マンモグラフィーで乳ガンが発見されるケースの90~95%は

「偽陽性」(乳ガンではない)であることや、
乳ガンのマンモグラフィーによる集団検診は、寿命を延ばしたり

乳ガンによる死亡率を減らしたりするのに役立ってはいないことも

多数の研究が、反駁の余地もないほど綿密に裏付けています。


それにもかかわらず、「マンモグラフィーの恩恵」が、あまりにも誇張されて伝えられています。

実は、ガンから身を守るための、もっと安全かつ確実な方法があります。

そもそも初めからガンになるような食生活やライフスタイルをしていなければ

生涯ガンになるようなことにはなりません。
また

たとえガンになっていたとしても、ガン細胞の成長を阻止し

死滅に導く食生活とライフスタイルに変えれば、
寿命を縮めることにはならないのです。
講演会で

「ガンをはじめとする病気はどのようにして発生するのか」
「そもそも病気にならないために、私たちに必要なことは何か」
「ガンの予防と改善を可能にする食生活とライフスタイルとは」など



アメリカの最新科学が裏付ける真実について知り、
「メディアの健康情報をうのみにすると身を滅ぼす」

ということに気づいていただきたいと思います。

「風邪やインフルエンザ、便秘や生理痛、ガン・心臓病・糖尿病

アルツハイマー病ほかの生活習慣病、
さらには男性のEDのトラブル、小さいお子さんのアトピーや耳の炎症など

私たちを苦しめている病気や苦痛を撃退し、免疫機能を最大限に高め

「スーパーヘルス」を極めるために必要なことを、みなさん、ぜひ学びにいらしてくださいね。


<詳細はこちらよりご覧ください>
名古屋会場10月14日http://www.rawfood-kentei.com/article/14913281.html



読んで下さってありがとうございます。


http://www.bfine.jp
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)