name="description" content="お肌と体と心のリラックスカフェ"> 愛知県岡崎市エステ&セラピーBfine & ローフードマイスター岡崎のブログ 美肌美体この時期がポイント
FC2ブログ

美肌美体この時期がポイント

皆さん、今日は。ご訪問ありがとうございます。
愛知県岡崎市エステ&セラピーBfine と申します。





脂肪に変えてしまわないよう

美肌・美体・美心を作るのにも

食べるものに気をつける時期です。



冬に備えて栄養を取り組もうとする働きが

強くなってくる時期です。




この時期から、脂肪として蓄えられやすく

皮下脂肪にならないよう気をつける事で

美白・美肌再生には

旬な食べ物が必須です。




食物繊維豊富な野菜や果物!!

疲れた体と肌に潤いを与える働きの

ビタミンAやCの摂取はオススメです。




いちじく、ぶどう、柿、キウイ

舞茸、かぶ、れんこんなど。




岡崎エステBfineは

ローフードを教えていますが

陰陽五行説など学んできました。




『医食同源』という考えがあります。



漢方では、陰陽五行説に基づいて

五味が五臓を補うという考えが基本で

内臓とのつながりを言っています。


『酸は肝・胆に入り、辛は肺・大腸に入り

苦は心・小腸に入り、かんは腎・膀胱に入り

甘は脾・胃に入る』


胃を悪くする前には甘い物が欲したり

かん、塩辛い味が好きは腎蔵を悪くしやすい

という考えです。




漢方薬の祖、神農

様々な食物を自分の口に入れ

どの植物が飢えを満たすのにいいか

人体の調子が良くなるのか

薬の効能、毒の有無を調べたと言われます。




この一族の伝記が『神農本草経』という書物で




『金き要略』に『上工は未病を治す』
名医とは病気を治療し予防する医者とされ

『食医』は最高の医者のランクづけされます。

『黄帝内経素門』
に述べられる言葉。




『毒薬(漢方薬)で邪を攻め、五穀を養とし

五果を助とし、五蓄を益とし、五菜を充とす。

気味の合いて、之を服せば、

以って、精を補い、気を益す』




何をもって、美肌と心身をつくるのか

日々の管理は自身にあります。





読んで下さってありがとうございます。

http://www.bfine.jp
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)