name="description" content="お肌と体と心のリラックスカフェ"> 愛知県岡崎市エステ&セラピーBfine & ローフードマイスター岡崎のブログ ☆タンパク質をアレルギーの原因
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆タンパク質をアレルギーの原因

皆さん、今日は。ご訪問ありがとうございます。
岡崎市エステ&セラピーBfineと申します。





まずは、復習から




タンパク質は色々な種類のアミノ酸が

何十万個も引っ付いたもの




これを1分子アミノ酸までに分解し

自分のDNAに従って自分の体に合った

タンパク質(筋肉、ホルモン)を

アミノ酸同士組み合わせて作り吸収。




吸収が行われた後、体やホルモンになるには

たった、1種類のアミノ酸が不足していても

無駄になってしまいます。




さらに分りやすくいうと




ホワイトボードに

色の違うマグネット一個一個が、アミノ酸。

赤、黄、青、緑…沢山繋がるとタンパク質。




タンパク質が胃に入って来た。

       ↓

胃でほぐしやすくする

       ↓

膵臓の酵素でバラバラに分解。

       ↓

   完全に分解されてしまえば

   卵、牛乳、大豆、米など

全てのタンパク質はアミノ酸になる

        ↓

小腸をアミノ酸1個で腸絨毛から吸収される。

        

健康な腸壁なら

1個のアミノ酸のみ吸収され

未消化のタンパク質は通過できない





しかし




不健康な腸、穴ぼこぼこだと

未消化のタンパク質が通過してしまう
       ↓

未消化のタンパク質は血液に入る

       ↓

異物みなされ排泄しようとする。
        ↓

好酸球(白血球)に含まれる顆粒から出される

活性酸素が炎症、痒みなどアレルギーを起す。



血液に入ったタンパク質は尿酸・アンモニアになり

腎臓や肝臓を傷めやすいのです。



また、これは胎盤から赤ちゃんへいくので

アレルギー発生する場合があります。




しかし、




私達の腸表面は3日で入れ替わるので

良い食事をすると変化があります。



肉食を減らして未精製の穀物や

野菜類、果物、海藻類など多くしていくと

半年から1年でよい腸相になるといわれます。




日本人の祖先のタンパク質摂取の秘密は

またまた、明日に!




読んで下さってありがとうございます。

http://www.bfine.jp
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。